癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

 癌と食養に関するものを作成しています。 食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法などの「自然療法」が中心です。
 当ブログサイトは、癌患者さんが『癌の真実』『癌の真相』を知り、学ぶための「共有の場」として作成しています。
 多くの癌患者さんのように 医者の「言いなりペット」に堕して 三大療法 だけ で行なっても、癌は絶対に治りません!
 自ら癌を学び、本当に癌を治す 自然療法 を複合的に組み合わせて実践し、癌の『生還率』をより高めていきましょう!
 上部のカテゴリは「主要カテゴリ」ですが、サイドバーのほうに、分野別に細かく「カテゴリ分類」をしています。
 私の『食養に対する考え方』を「食養への信念」に書いてありますので、ぜひ一度、ご覧になってみてください。
 我が家や 私の周りの “癌の記録” は「我が家の “癌の車窓” から見えたもの」に書いてありますので、ご参考ください。
 癌・食養に関する『図書』『食養グッズ』『自然食品』を、「分野別一覧」にて、分野別に細かくまとめています。
 投票にも参加しています。 ぜひ、お気軽にご参加ください m(__)m ⇒ ⇒ ◇◆◇ 投票に参加しています ◇◆◇ 

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から「青身の魚に含まれる DHA は、がんをおとなしくさせる」記事、及び『『漢方がん治療』を考える』から「DHA / EPA の 抗がん作用」記事の、2つの記事をご紹介させて頂きます。 当記事は、癌の『食事療法』とし ...

 先日、次の記事にて「トビトさん」のご質問にお答えさせて頂きました。   ● トビトさんへ【 米のとぎ汁で「水素水」を作る場合には、     精白する過程で乳酸菌が排除されている「白米」ではなく、     乳酸菌が確実に付着している「玄米」を使用します♪ 】  ...

 鈴森さんの「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログの次の記事の【コメント欄】で、 トビトさんのご質問で少し気になることがありました。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から、癌の『食事療法』として必須の「糖質制限食(ケトン食)」を実行する上で有益となる「◇ 大豆と糖質の少ない野菜・果物を多く摂取する」記事をご紹介させて頂きます。 当記事では、癌の「糖質制限食(ケトン食)」において ...

 「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から、癌の『食事療法』として必須の「糖質制限食(ケトン食)」を実行する上で有益となる「◇ 大豆と糖質の少ない野菜・果物を多く摂取する」記事をご紹介させて頂きます。 当記事では、癌の「糖質制限食(ケトン食)」において ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 今回、ご紹介させて頂く記事は「奈良県立医科大学・産科婦人科学教室」様と「浜松医科大学・産婦人科学教室」様からです。この2つの記事は同じ内容であり、おそらく、同じ研究機関によるものと思われます。 最初にご紹介させて頂きます記事は、一般素人向けに作成したも ...

 「崎谷博征」医学博士の力作である名著『医療ビジネスの闇 ― “病気産生” による経済支配の実態』から「癌医療ビジネスの闇の実態」について詳説されている「第6章 産業がガンをつくる」をご紹介させて頂きます。崎谷博征 医学博士 この内容は、癌患者が必ず知るべき ...

 「癌と食養」ブログサイトに来てくださる癌患者のみなさん、いつもありがとうございます。 本日、久しぶりに記事をアップしました。 以前から、ずっとアップしたかった「崎谷博征」医学博士の名著『医療ビジネスの闇 ― “病気産生” による経済支配の実態』の「第6章  ...

 私は、次の記事の「最初の黄囲み部分」にて『水素療法』や『電子治療』などの「抗酸化治療」や「酸化還元治療」に関する「盲点」と「落とし穴」についてお話しさせて頂きました。   ● 太陽を浴びると危険の本当? 嘘?     【「太陽の強い紫外線」を浴びることで活 ...

 私は、次の記事の「最初の黄囲み部分」にて『水素療法』や『電子治療』などの「抗酸化治療」や「酸化還元治療」に関する「盲点」と「落とし穴」についてお話しさせて頂きました。   ● 太陽を浴びると危険の本当? 嘘?     【「太陽の強い紫外線」を浴びることで活 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが『太陽(日光)を浴びると、なぜ危険と言われているのか?』についてお話しされている記事をご紹介させて頂きます。 現代は『太陽(日光)を浴びると危険だ!』と言われるようになってきています。 その理由は「太陽(日光)の紫外線を浴びる ...

 この記事は「日経サイエンス」からのご紹介です。 「日経サイエンス」でも、ビタミンDの「抗がん作用」に関する記事が報じられています。 ビタミンDは「免疫調節作用」「免疫 防御作用」など、免疫系にも深く関与しており、他にも多くの生体内機能に関わっています。当 ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』の「ビタミンD3は「がん患者の死亡率」を低下させる」記事から『ビタミンD産生の流れ』の部分をご紹介します。 『ビタミンD産生の流れ』に関する図と軽い説明だけなのですが、この図を通して「ビタミンDが産生 ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』の「ビタミンDの抗がん作用」記事のご紹介です。 次の記事は「福田一典」医師が公開されている「『漢方がん治療』を考える」から「263)ビタミンDの抗がん作用」記事をご紹介させて頂きました記事です。  ●『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「263)ビタミンDの抗がん作用」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が『ビタミンD』の「抗がん効果」についてお話しされています。 『 ...

 この記事は、中米で微生物を駆使し、環境と貧困に挑む NPO を営んでおられる元『看護師』の方の「抗がん剤」や「医療の闇」に関するものです。 当ブログサイトの 次の記事 をご覧になってくださったようで、元『看護師』をされていた「プロの目線」から、癌医療や 病院・ ...

 中小企業診断士・コンサルタントの「谷藤友彦」さんのブログより、「中村天風」の肉食論に関する記事をご紹介させて頂きます。 「中村天風」をご存じな方はとても多いと思いますが、私の好きな人物の一人です。 「中村天風」は、玄米菜食を中心とした粗食を推奨しており ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが『塩を摂る重要性』についてお話しされています。 ここで言われている「塩」というのは、当然、塩化ナトリウム(NaCl)99%以上の 精製塩・化学塩・工業塩 である「食卓塩」ではなく、『海の塩』である『自然海水塩』のことです。『海の塩』 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが『塩を摂る重要性』についてお話しされています。 ここで言われている「塩」というのは、当然、塩化ナトリウム(NaCl)99%以上の 精製塩・化学塩・工業塩 である「食卓塩」ではなく、『海の塩』である『自然海水塩』のことです。『海の塩』 ...

 内海聡 医師の facebook より、『グーミン』に関する内容の記事のご紹介です。 内海医師らしく、『グーミン』について非常に分かりやすく表現されています。 記事のご紹介のあとに、私の【感想】が続きます m(__)m 今ほどに「知ること」が重要視される時代はない(仮題 ...

 内海医師が facebook にて『グーミン』について語られています。 『グーミン』とは「愚民」を「ムーミン」風にアレンジした造語でしょうけれど、その意味は「自分の力で考えることを放棄し、優生学者の奴隷へと堕してしまった愚民」という、現代の日本人の中身(本性)を ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「460)なぜ、がんが増えているのか?」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が日本社会に潜在する様々な『発癌要因』についてお話しされて ...

 この記事は、次の記事の中の『癌は本来、「加齢」や「遺伝」とは無関係で起こる疾患である』という部分の抜粋になります。   ● なぜ、癌が増えているのか? - 福田一典 医師【「癌の原因」は、すべて考慮すべし!     「癌の原因」を何か「たった一つ」のものに的 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」からのご紹介です。 当記事では「福田一典」医師が、癌治療における「玄米」についての価値をお話しされています。 玄米とは、米の『全粒穀物』、米の「一物全 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」からのご紹介です。 当記事では「福田一典」医師が、癌治療における「玄米」についての価値をお話しされています。 玄米とは、米の『全粒穀物』、米の「一物全 ...

 当記事は、肉食を中心とした糖質制限は「総死亡率」「癌死亡率」が増加する、という内容です。 この内容に重なる資料として、次の記事を参照されてください。   ● 肉食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 が増加する!     菜食中心の糖質制限は 総死亡率・癌 ...

 当記事は、肉食を中心とした糖質制限は「総死亡率」「癌死亡率」が増加する、という内容です。 この内容に重なる資料として、次の記事を参照されてください。   ● 肉食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 が増加する!     菜食中心の糖質制限は 総死亡率・癌 ...

 当記事は、肉食を中心とした糖質制限は「総死亡率」「癌死亡率」が増加する、という内容です。 この内容に重なる資料として、次の記事を参照されてください。   ● 肉食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 が増加する!     菜食中心の糖質制限は 総死亡率・癌 ...

 当記事は、肉食を中心とした糖質制限は「総死亡率」「癌死亡率」が増加する、という内容です。 この内容に重なる資料として、次の記事を参照されてください。   ● 肉食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 が増加する!     菜食中心の糖質制限は 総死亡率・癌 ...

 食べ物を食べると、代謝の過程で「毒素」が発生します。これは、どのような食品でも同じです。 穀物であれ、豆類であれ、野菜であれ、肉類であれ、牛乳・乳製品であれ、食べ物を食べれば、その食べ物を代謝する過程で「毒素」が発生するのです。そして、身体はその「毒素 ...

 内海聡 医師の facebook より、「牛乳の害」に関する内容のご紹介です。 今では「牛乳の害」についてはよく知られるようになりましたが、この記事は内海先生らしく大変読みやすい内容になっていますので、「牛乳の害」についてすでにご存知な方も、この記事に触れることで ...

 『spa-H(スパエイチ:参照記事)』に関するご質問を頂きましたので、私なりにお答えさせて頂きます。 次の記事をご覧になってくださった kan さんから頂いたご質問です。   ● 株式会社フラックス製の水素発生機『spa-H(スパエイチ)』     【我が家の『水素 ...

 この記事は「organaturic」様からのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式発表したが、この中には『加工肉』がはっきりと明記されており、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『 ...

 この記事は「organaturic」様からのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式発表したが、この中には『加工肉』がはっきりと明記されており、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『 ...

 この記事は「organaturic」様からのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式発表したが、この中には『加工肉』がはっきりと明記されており、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『 ...

 WHO(世界保健機関)が公式発表した「癌の原因」となる『116種類の要因』の中には『加工肉』が含まれていますが、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があるという発表を公式にしていたよ ...

 WHO(世界保健機関)が公式発表した「癌の原因」となる『116種類の要因』の中には『加工肉』が含まれていますが、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があるという発表を公式にしていたよ ...

 WHO(世界保健機関)が公式発表した「癌の原因」となる『116種類の要因』の中には『加工肉』が含まれていますが、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があるという発表を公式にしていたよ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 甲田光男先生のお弟子さんが「AGE(終末糖化産物:参照)」についてお話しされています。 「AGE」は老化を促進し、癌をはじめとする様々な病気の原因となる物質です。 この「AGE」を溜め込まない生活を心がけることが大切です。 「身体の酸化」が体内の「AGE」を増加さ ...

 甲田光男先生のお弟子さんが「AGE(終末糖化産物:参照)」についてお話しされています。 「AGE」は老化を促進し、癌をはじめとする様々な病気の原因となる物質です。 この「AGE」を溜め込まない生活を心がけることが大切です。 「身体の酸化」が体内の「AGE」を増加さ ...

 「癌の生体検査は「癌化する可能性が高い環境」をつくり上げてしまうので、拒否すべき!」記事で、甲田光雄先生のお弟子さんは、東京大学 医学部 名誉教授で癌研究第一人者である「渋谷正史」教授について、このようにお話しされています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 「癌の生体検査は「癌化する可能性が高い環境」をつくり上げてしまうので、拒否すべき!」記事で、甲田光雄先生のお弟子さんは、東京大学 医学部 名誉教授で癌研究第一人者である「渋谷正史」教授について、このようにお話しされています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

このページのトップヘ