癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

 癌と食養に関するものを作成しています。 食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法などの「自然療法」が中心です。
 当ブログサイトは、癌患者さんが『癌の真実』『癌の真相』を知り、学ぶための「共有の場」として作成しています。
 多くの癌患者さんのように 医者の「言いなりペット」に堕して 三大療法 だけ で行なっても、癌は絶対に治りません!
 自ら癌を学び、本当に癌を治す 自然療法 を複合的に組み合わせて実践し、癌の『生還率』をより高めていきましょう!
 上部のカテゴリは「主要カテゴリ」ですが、サイドバーのほうに、分野別に細かく「カテゴリ分類」をしています。
 私の『食養に対する考え方』を「食養への信念」に書いてありますので、ぜひ一度、ご覧になってみてください。
 我が家や 私の周りの “癌の記録” は「我が家の “癌の車窓” から見えたもの」に書いてありますので、ご参考ください。
 癌・食養に関する『図書』『食養グッズ』『自然食品』を、「分野別一覧」にて、分野別に細かくまとめています。
 投票にも参加しています。 ぜひ、お気軽にご参加ください m(__)m ⇒ ⇒ ◇◆◇ 投票に参加しています ◇◆◇ 

 この記事は「organaturic」様からのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式発表したが、この中には『加工肉』がはっきりと明記されており、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『 ...

 WHO(世界保健機関)が公式発表した「癌の原因」となる『116種類の要因』の中には『加工肉』が含まれていますが、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があるという発表を公式にしていたよ ...

 WHO(世界保健機関)が公式発表した「癌の原因」となる『116種類の要因』の中には『加工肉』が含まれていますが、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があるという発表を公式にしていたよ ...

 WHO(世界保健機関)が公式発表した「癌の原因」となる『116種類の要因』の中には『加工肉』が含まれていますが、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があるという発表を公式にしていたよ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 甲田光男先生のお弟子さんが「AGE(終末糖化産物:参照)」についてお話しされています。 「AGE」は老化を促進し、癌をはじめとする様々な病気の原因となる物質です。 この「AGE」を溜め込まない生活を心がけることが大切です。 「身体の酸化」が体内の「AGE」を増加さ ...

 甲田光男先生のお弟子さんが「AGE(終末糖化産物:参照)」についてお話しされています。 「AGE」は老化を促進し、癌をはじめとする様々な病気の原因となる物質です。 この「AGE」を溜め込まない生活を心がけることが大切です。 「身体の酸化」が体内の「AGE」を増加さ ...

 「癌の生体検査は「癌化する可能性が高い環境」をつくり上げてしまうので、拒否すべき!」記事で、甲田光雄先生のお弟子さんは、東京大学 医学部 名誉教授で癌研究第一人者である「渋谷正史」教授について、このようにお話しされています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 「癌の生体検査は「癌化する可能性が高い環境」をつくり上げてしまうので、拒否すべき!」記事で、甲田光雄先生のお弟子さんは、東京大学 医学部 名誉教授で癌研究第一人者である「渋谷正史」教授について、このようにお話しされています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 「癌の生体検査は「癌化する可能性が高い環境」をつくり上げてしまうので、拒否すべき!」記事で、甲田光雄先生のお弟子さんは、東京大学 医学部 名誉教授で癌研究第一人者である「渋谷正史」教授について、このようにお話しされています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。 「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログの中の、牛乳・乳製品 ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。  当記事では、「和田洋巳」医学博士が「肉食は、なぜ身体に悪いのか? なぜ癌の原因になるのか?」に ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「312)牛乳・乳製品はがんを「抑制する」のか「促進する」のか?」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が「牛乳・乳製品は、果たして癌患 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「312)牛乳・乳製品はがんを「抑制する」のか「促進する」のか?」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が「牛乳・乳製品は、果たして癌患 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「312)牛乳・乳製品はがんを「抑制する」のか「促進する」のか?」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が「牛乳・乳製品は、果たして癌患 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「312)牛乳・乳製品はがんを「抑制する」のか「促進する」のか?」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が「牛乳・乳製品は、果たして癌患 ...

 癌転移 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】   ● http://minds.jcqhc.or.jp/n/public_user_main.php  生体癌検査後、転移するので注意を促しています。 『メラノーマ』という名前で書かれていますが、 ...

 癌転移 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】   ● http://minds.jcqhc.or.jp/n/public_user_main.php  生体癌検査後、転移するので注意を促しています。 『メラノーマ』という名前で書かれていますが、 ...

 当記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「身体の酸化(酸化体質)」によって病気が発病するメカニズム(原理)についてお話しされている内容です。主に「膠原病」を主体にお話しされていますが、これは癌に重ね見てご参考にして頂きたい内容です。 癌も「身体の酸化(酸化 ...

 当記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「身体の酸化(酸化体質)」によって病気が発病するメカニズム(原理)についてお話しされている内容です。主に「膠原病」を主体にお話しされていますが、これは癌に重ね見てご参考にして頂きたい内容です。 癌も「身体の酸化(酸化 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが、癌治療に有効する放射線療法についてお話しされている内容です。 そして、癌患者さんが採用すべき癌治療についてもお話しされています。 また、甲田光雄先生のお弟子さんは、癌という病気のことを、体内における「酸化」が複合 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが、癌治療に有効する放射線療法についてお話しされている内容です。 そして、癌患者さんが採用すべき癌治療についてもお話しされています。 また、甲田光雄先生のお弟子さんは、癌という病気のことを、体内における「酸化」が複合 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが、癌治療に有効する放射線療法についてお話しされている内容です。 そして、癌患者さんが採用すべき癌治療についてもお話しされています。 また、甲田光雄先生のお弟子さんは、癌という病気のことを、体内における「酸化」が複合 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「抗がん剤のカラクリ」について分かりやすく明示してくださっている貴重な記事です。甲田光雄先生のお弟子さんは、世の癌医療に現われている当たり前な現象を分かりやすく説明してくださっています。世間一般の方々は、この「社会 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「抗がん剤のカラクリ」について分かりやすく明示してくださっている貴重な記事です。甲田光雄先生のお弟子さんは、世の癌医療に現われている当たり前な現象を分かりやすく説明してくださっています。世間一般の方々は、この「社会 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「抗がん剤のカラクリ」について分かりやすく明示してくださっている貴重な記事です。甲田光雄先生のお弟子さんは、世の癌医療に現われている当たり前な現象を分かりやすく説明してくださっています。世間一般の方々は、この「社会 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「抗がん剤のカラクリ」について分かりやすく明示してくださっている貴重な記事です。甲田光雄先生のお弟子さんは、世の癌医療に現われている当たり前な現象を分かりやすく説明してくださっています。世間一般の方々は、この「社会 ...

 不食者である「山田鷹夫」さんが今年の2015年に講演された時の動画を紹介させて頂きます。 面白いことに、不食のことよりも「飲尿療法」について熱く語られています。 「飲尿療法」とは “汚い行為” ではなく、人類史において太古から続く「民間療法の元祖」であり ...

 この記事は「『ビビッときたら書くブログ』 by nippy 」ブログ様からのご紹介です。 ブログ内のテーマ「クエン酸摂取」にある『クエン酸』関連の記事を一つにまとめました。 記事の順序は、上から「日付が古い順」です(投稿順です)。 この記事を書かれた「nippy」さ ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「187)がん治療に役立つ食材(11): 梅(梅肉エキス)」記事と「355)解糖系を阻害しながらクエン酸回路(TCA回路)を活性化すると、がん細胞は死 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」の「353)がん細胞の解糖系を徹底的に阻害する方法」記事の中から、『クエン酸』が癌治療に有効する、という内容を、メキシコの「ハラベ」医師(Dr. Alberto H ...

 この記事は「ガンを治す驚異の療法」サイト様からのご紹介です。 私の【補足説明】が少し多くなってしまいましたが、当記事をお読み頂ければ、癌治療における『クエン酸療法』の役割・有効性とその価値が、癌の特徴である「ワールブルク効果」によって起こる『乳酸(乳酸 ...

 当記事は、癌治療に有効する『クエン酸』についての記事をご紹介し、『クエン酸サプリメント』をご紹介・推奨している記事です。当然ながら、酢・梅干・トマト・レモン・グレープフルーツからも『クエン酸』を摂取することができますので、こうした「天然の食品」を積極的 ...

 当記事は、癌治療に有効する『クエン酸』についての記事をご紹介し、『クエン酸サプリメント』をご紹介・推奨している記事です。当然ながら、酢・梅干・トマト・レモン・グレープフルーツからも『クエン酸』を摂取することができますので、こうした「天然の食品」を積極的 ...

 栄養バランス、DHA を考える 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 DHA は正しくは「ドコサヘキサエン酸」と言い、脳神経を活発化させる働きがあります。 いわゆる、「頭が良くなる」と言われているのが DHA ...

 本当の感謝とは 【「ITスペシャリストが語る芸術」より 】 私はどんな言葉も素晴らしい呪文になると思っているが、「ありがとうございます」を呪文のように言うのは大嫌いである。 そんなことをする人達を見ると、純粋に感謝するのではなく、 「恵みを得るために感謝す ...

 本当の感謝とは 【「ITスペシャリストが語る芸術」より 】 私はどんな言葉も素晴らしい呪文になると思っているが、「ありがとうございます」を呪文のように言うのは大嫌いである。 そんなことをする人達を見ると、純粋に感謝するのではなく、 「恵みを得るために感謝す ...

 この記事は、「In Deep」さんの「自立した人生(1)- 薬と病院と介護から脱却して、「ガンを自然治癒できる力」を持たないと未来を生きることはできない」記事の中の「癌の自然治癒」に関する部分のご紹介です。 この記事の中の「ルドルフ・シュタイナー」の霊的菜食観 ...

 この記事は、「In Deep」さんの「自立した人生(1)- 薬と病院と介護から脱却して、「ガンを自然治癒できる力」を持たないと未来を生きることはできない」記事の中の「ルドルフ・シュタイナー」の霊的菜食観を伝えている部分をご紹介させて頂きます。霊的菜食論とも言え ...

 読者の方から『発酵食品は生食の範囲内と捉えてもよいのでしょうか?』という質問を頂きましたので、 ここで、私なりにお答えさせて頂きます m(__)m 発酵食品は「生食」の範囲内と捉えても良いです。 ただ、当然ですが、それは発酵食品を「生食」した場合に限ります。  ...

 当記事は、産婦人科医である「葉月かん菜」医師(参照)の「まぁ、お医者さんなんですけれども。」ブログからのご紹介です。葉月医師はご自身のブログにて、当ブログサイトの次の記事をご紹介してくださっています。   ● 癌検診は受けてはいけない【癌医療のおぞましい ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「310)グリセミック負荷(ブドウ糖負荷)とがん」記事、また『銀座東京クリニック』のサイトにあります「◇ 糖質は可能なかぎり減らす」記事の2つの記事 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「310)グリセミック負荷(ブドウ糖負荷)とがん」記事、また『銀座東京クリニック』のサイトにあります「◇ 糖質は可能なかぎり減らす」記事の2つの記事 ...

 たぶん、どうでもいいことかもしれませんが、 私は「安全で、効果の大きい断食 「週末一日断食」《改訂版》」記事にて、 次のような、可愛い『赤ちゃんブルース・リー』をご紹介したことがあります。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」からのご紹介です。 当記事は、「癌」と「活性酸素の発生」と「酸化ストレス」と「酸化障害」の関係について分かりやすく書かれています。癌を改善して治すため ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」からのご紹介です。 当記事は、「癌」と「活性酸素の発生」と「酸化ストレス」と「酸化障害」の関係について分かりやすく書かれています。癌を改善して治すため ...

 この記事は「癌治療における「酸化ストレス」の二面性 - 福田一典医師【「酸化ストレス」を増やして癌を叩く癌治療と、逆に「酸化ストレス」を軽減して癌をおとなしくさせる癌治療!】」記事の “抗がん剤・放射線・手術は「活性酸素」を発生させて「酸化ストレス」を高め ...

このページのトップヘ