癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

 癌と食養に関するものを作成しています。 食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法などの「自然療法」が中心です。
 当ブログサイトは、癌患者さんが『癌の真実』『癌の真相』を知り、学ぶための「共有の場」として作成しています。
 多くの癌患者さんのように 医者の「言いなりペット」に堕して 三大療法 だけ で行なっても、癌は絶対に治りません!
 自ら癌を学び、本当に癌を治す 自然療法 を複合的に組み合わせて実践し、癌の『生還率』をより高めていきましょう!
 上部のカテゴリは「主要カテゴリ」ですが、サイドバーのほうに、分野別に細かく「カテゴリ分類」をしています。
 私の『食養に対する考え方』を「食養への信念」に書いてありますので、ぜひ一度、ご覧になってみてください。
 我が家や 私の周りの “癌の記録” は「我が家の “癌の車窓” から見えたもの」に書いてありますので、ご参考ください。
 癌・食養に関する『図書』『食養グッズ』『自然食品』を、「分野別一覧」にて、分野別に細かくまとめています。
 投票にも参加しています。 ぜひ、お気軽にご参加ください m(__)m ⇒ ⇒ ◇◆◇ 投票に参加しています ◇◆◇ 

 「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログサイトの鈴森さんが「宗像久男医師「ガンは3ヵ月で簡単に治せる病気! 患者は殺されている」」記事にて非常に良い情報を教えてくれました。鈴森さん、ありがとうございます m(__)m 次が、その記事の内容です。 『中央リセ ...

 「トゥーリオ・シモンチーニ」の『重曹療法(重炭酸ナトリウム)』を非難している記事に「「トゥーリオ・シモンチーニ」の がん治療についてのまとめ」記事があります。 この記事を作成した「幻影随想」サイトは、2011年7月18日をもって更新されていません。 この ...

 当記事は「カラパイア 不思議と謎の大冒険」サイト様から「プラシーボ効果」に関する内容の3つの記事をご紹介させて頂きます。「海外サイトの原文」に基づいて意訳された記事で、とても分かりやすい内容になっています。 「プラシーボ効果」とは、薬効成分を含まない「 ...

 これは『西式健康法』創始者の「西勝造」先生が昭和24年(1950年)に著わされた『原本・西式健康読本』と、翌年の昭和25年(1950年)に著わされた『西医学健康原理実践宝典』からの抜粋です。 『原本・西式健康読本』のほうは2003年に発刊された「新版」 ...

 これは『西式健康法』創始者の「西勝造」先生が昭和24年(1950年)に著わされた『原本・西式健康読本』と、翌年の昭和25年(1950年)に著わされた『西医学健康原理実践宝典』からの抜粋です。 『原本・西式健康読本』のほうは2003年に発刊された「新版」 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの記事をご紹介させて頂きます。 記事のご紹介のあとに、私の【感想】が続きます。 この中から、私たちが抱えている「現代医療に関する問題点」を真摯に感じ取って頂けたらと思います。 よろしくお願いします m(__)m. 「医者でも無いのに…」 ...

 この記事は、次の2つの記事をまとめたものです。   ● 癌細胞内を「酸性化」し、癌細胞外を「アルカリ化」する方法は、有望な癌治療となる!     - 福田一典 医師【『プロトンポンプ阻害剤』との併用により、抗腫瘍効果が高まる!】   ●『重曹』の 経口摂取 ...

 この記事は、次の2つの記事をまとめたものです。   ● 癌細胞内を「酸性化」し、癌細胞外を「アルカリ化」する方法は、有望な癌治療となる!     - 福田一典 医師【『プロトンポンプ阻害剤』との併用により、抗腫瘍効果が高まる!】   ●『重曹』の 経口摂取 ...

 この記事は、次の2つの記事をまとめたものです。   ● 癌細胞内を「酸性化」し、癌細胞外を「アルカリ化」する方法は、有望な癌治療となる!     - 福田一典 医師【『プロトンポンプ阻害剤』との併用により、抗腫瘍効果が高まる!】   ●『重曹』の 経口摂取 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「527)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その1):プロトンポンプ阻害剤」記事のご紹介になります。 当記事で「福田一典」医師は研究報告 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「527)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その1):プロトンポンプ阻害剤」記事のご紹介になります。 当記事で「福田一典」医師は研究報告 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「527)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その1):プロトンポンプ阻害剤」記事のご紹介になります。 当記事で「福田一典」医師は研究報告 ...

 心療内科へ行き、医者の言う通りにして「抗うつ薬」に安易に手を出す人が今、非常に多いです。 しかし、それは『医療の罠』です。 今から「46年前」に出版された(1971年出版)「村木弘昌」医学博士の著書を、私は随分前に読んだことがあります。 村木博士は、今 ...

 この記事は「CoCo」さんの「CoCo がん Log」ブログからのご紹介です。 「CoCo」さんは、当ブログサイトの次の記事をご覧になってくださったようです。   ● 入院での食事(管理栄養士が献立を考えた入院食・病院食)に絶望する毎日     【 入院した癌患者に対して ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「517)「ワールブルグ効果」を是正すると、がん細胞は自滅する」記事のご紹介です。 癌細胞が増殖するための “二大栄養素” は「ブドウ糖」と「グルタ ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「517)「ワールブルグ効果」を是正すると、がん細胞は自滅する」記事のご紹介です。 癌細胞が増殖するための “二大栄養素” は「ブドウ糖」と「グルタ ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「517)「ワールブルグ効果」を是正すると、がん細胞は自滅する」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は、『断食療法(絶食療法)』と『ケトン ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「517)「ワールブルグ効果」を是正すると、がん細胞は自滅する」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は、『断食療法(絶食療法)』と『ケトン ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「528)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その2):重曹治療(重炭酸ナトリウム)」記事のご紹介です。 今まで「福田一典」医師は、癌の『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「528)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その2):重曹治療(重炭酸ナトリウム)」記事のご紹介です。 今まで「福田一典」医師は、癌の『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「528)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その2):重曹治療(重炭酸ナトリウム)」記事のご紹介です。 今まで「福田一典」医師は、癌の『 ...

 この記事は、次の記事の「最初の黄囲み部分」の中の『にんじんジュース』に関してお話ししています部分の抜粋です。   ● 入院での食事(管理栄養士が献立を考えた入院食・病院食)に絶望する毎日     【 入院した癌患者に対して、病院は「癌を育てる食事」を出して ...

 当記事は「癌(がん)と闘う家族のブログ」ブログの次の記事をご紹介させて頂きます。   ● 入院してから、急速にガンが進行してしまった母   ● 入院での食事に絶望する毎日 〔 ⇐ 以前に「アップ」している記事 〕   ● 7月もたないはずが、8月になっても生 ...

 当記事は「癌(がん)と闘う家族のブログ」ブログの次の記事をご紹介させて頂きます。   ● 入院してから、急速にガンが進行してしまった母   ● 入院での食事に絶望する毎日 〔 ⇐ 以前に「アップ」している記事 〕   ● 7月もたないはずが、8月になっても生 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「391)絶食は「抗がん剤治療」と「放射線治療」の効果を高める」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は「抗がん剤治療」や「放射線治療」に『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「391)絶食は「抗がん剤治療」と「放射線治療」の効果を高める」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は「抗がん剤治療」や「放射線治療」に『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「521)甘い果物や蜂蜜はがんを促進する」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は、  ● 世間では『果物食』が癌治療に良いとされているが、  ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「521)甘い果物や蜂蜜はがんを促進する」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は、  ● 世間では『果物食』が癌治療に良いとされているが、  ...

 当記事は「博士の独り言 II」ブログ様からのご紹介です。 当記事が伝えているのは「製薬会社は人尿をかき集め、その人尿の中の有効成分を抽出して薬を製造している」という内容です。 当記事は、記事名が表わしている通り、   日本の「不妊症治療薬」として患者に処方 ...

 今年、「国立健康・栄養研究所」が「水素水に効果は無い」と発表しました。『【悲報】水素水、効果なかった。伊藤園「あれはただの水です」』記事より しかし、水素水には「効果する水素水」と「効果しない水素水」がある、というのが、私たちが知るべき「水素水の正しい ...

 当記事は『藤木病院』院長「藤木龍輔」医師の著書『メタボ・生活習慣病の元凶「酸化ストレス」の恐怖』から、「ブドウ糖」に枯渇して飢えても死なない癌細胞がある、という部分をご紹介させて頂きます。 『藤木病院』院長・理事長 藤木龍輔 医師   メタボ・生活習慣病 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの「抗がん剤」に関する4つの記事をご紹介させて頂きます。 医師に「自分自身や家族が癌になった場合、抗がん剤を使用するか?」と質問したアンケートがあり、この質問に対して、9割の医師が「抗がん剤を使用しない」もしくは「抗がん剤は使用 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの「抗がん剤」に関する4つの記事をご紹介させて頂きます。 医師に「自分自身や家族が癌になった場合、抗がん剤を使用するか?」と質問したアンケートがあり、この質問に対して、9割の医師が「抗がん剤を使用しない」もしくは「抗がん剤は使用 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの「抗がん剤」に関する4つの記事をご紹介させて頂きます。 医師に「自分自身や家族が癌になった場合、抗がん剤を使用するか?」と質問したアンケートがあり、この質問に対して、9割の医師が「抗がん剤を使用しない」もしくは「抗がん剤は使用 ...

 この記事は、次の記事の中の、甲田光雄先生のお弟子さんの「薬」に関する記事をご紹介させて頂きます。   ● 医者の9割が、今でも「抗がん剤」を選択しない! 頭が良いから病気を治せるわけではない!      癌の早期発見は危険!【 抗がん剤は「癌の温床」を作り上 ...

 ※ この記事は「シリーズ記事」になります。   ● ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! 福田一典(著)①     【 癌細胞の代謝の特徴:癌とブドウ糖の関係:       ブドウ糖は、癌の発生・増殖・悪性化・転移・進行を促進する!】   ● ブドウ糖を絶 ...

 ※ この記事は「シリーズ記事」になります。   ● ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! 福田一典(著)①     【 癌細胞の代謝の特徴:癌とブドウ糖の関係:       ブドウ糖は、癌の発生・増殖・悪性化・転移・進行を促進する!】   ● ブドウ糖を絶 ...

 ※ この記事は「シリーズ記事」になります。   ● ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! 福田一典(著)①     【 癌細胞の代謝の特徴:癌とブドウ糖の関係:       ブドウ糖は、癌の発生・増殖・悪性化・転移・進行を促進する!】(本記事)   ● ブ ...

 当記事は、カテゴリの都合により、次の記事を重複してアップしたものです。   ● ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! 福田一典(著)③     【 ブドウ糖を絶って癌が死滅しても、癌は治っていない!       糖質制限食・ケトン食は 癌治療を有利に進める ...

 この記事はカテゴリの都合で、次の記事の「ケトン体」に関する部分を抜粋したものです。   ● ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! 福田一典(著)②     【 癌治療に「糖質制限食(ケトン食)」が有効する理由:       ケトン体・ケトン食 自体に『抗が ...

● アミグダリン と ベンズアルデヒド の「抗がん作用」 「岡崎公彦」医師(医学博士)の著名な『がんの特効薬は発見済みだ!』という著書があります。  がんの特効薬は発見済みだ! 岡崎公彦医師が癌治療に使用している特効薬というのは「ベンズアルデヒド」のことです ...

 この数日間かけて、次の記事を、もう一度、全体的に見直し、大幅に校正して再アップしました。   ● 癌を叩いて追い詰めると同時に、癌免疫を改善・強化して再建する『自宅でIPT療法』     《 飲尿療法+IPT療法 》【 飲尿療法の意義と注意点:自宅で アミグ ...

 前回、次の記事で、アメリカで起こった事件の記事をご紹介させて頂きました。 ビタミンDの生成を阻害して「ビタミンD欠乏」を引き起させて、癌・自閉症・2型糖尿病を誘発させる「酵素タンパク質(NAGALASE)」を、大手製薬会社が意図的にワクチンに混入していた事実を ...

 今年2016年2月、アメリカで衝撃の事件が明るみになりました。 体内におけるビタミンD生成を阻害して「ビタミンD欠乏」を引き起こし、癌・自閉症・2型糖尿病を誘発させる「酵素タンパク質(NAGALASE)」が意図的にワクチンに含まれていた事実を発見した12人の医 ...

 当記事は『田中クリニック』理事長・院長の「田中善」医師による “ビタミンDは、癌の発生、再発・転移の予防に大きな効果がある” という内容の記事です。田中クリニック 理事長・院長 田中善 医師 ビタミンDは、すでに「抗がん作用」があることが科学的・医学的に証 ...

 当記事は、甲田光雄先生のお弟子さんの「ビタミンD前駆物質」に関する内容です。 甲田光雄先生のお弟子さんも、癌治療においてビタミンDを重視されています。 体内でのビタミンDの生成を高めるために「ビタミンD前駆物質」濃度を高めることを推奨されています。 「 ...

 当記事は、甲田光雄先生のお弟子さんの「ビタミンD前駆物質」に関する内容です。 甲田光雄先生のお弟子さんも、癌治療においてビタミンDを重視されています。 体内でのビタミンDの生成を高めるために「ビタミンD前駆物質」濃度を高めることを推奨されています。 「 ...

 当記事は、次の記事から『肉製品・乳製品は「酸化ストレス」を高め、「身体の酸化(酸化体質)」を深めて悪化させ、「発がんリスク」を高める』という部分を抜粋した記事です。   ●『加工肉』や『赤身肉』は「発癌リスク」を高める! - 福田一典 医師    【『赤身 ...

 当記事は、次の記事から『肉製品・乳製品は「酸化ストレス」を高め、「身体の酸化(酸化体質)」を深めて悪化させ、「発がんリスク」を高める』という部分を抜粋した記事です。   ●『加工肉』や『赤身肉』は「発癌リスク」を高める! - 福田一典 医師    【『赤身 ...

 「癌と食養」ブログサイトにお越しくださる皆様、 いつも本当にありがとうございます m(__)m 私は昨年から「飲尿療法」を組み合わせた「長期断食」(=飲尿断食)を実行しているのですが、 今年の1月に「断食」をしましたら、あまりの寒さに5日間でギブアップし、 暖 ...

このページのトップヘ