癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

 癌と食養に関するものを作成しています。 食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法などの「自然療法」が中心です。
 当ブログサイトは、癌患者さんが『癌の真実』『癌の真相』を知り、学ぶための「共有の場」として作成しています。
 多くの癌患者さんのように 医者の「言いなりペット」に堕して 三大療法 だけ で行なっても、癌は絶対に治りません!
 自ら癌を学び、本当に癌を治す 自然療法 を複合的に組み合わせて実践し、癌の『生還率』をより高めていきましょう!
 上部のカテゴリは「主要カテゴリ」ですが、サイドバーのほうに、分野別に細かく「カテゴリ分類」をしています。
 私の『食養に対する考え方』を「食養への信念」に書いてありますので、ぜひ一度、ご覧になってみてください。
 我が家や 私の周りの “癌の記録” は「我が家の “癌の車窓” から見えたもの」に書いてありますので、ご参考ください。
 癌・食養に関する『図書』『食養グッズ』『自然食品』を、「分野別一覧」にて、分野別に細かくまとめています。
 投票にも参加しています。 ぜひ、お気軽にご参加ください m(__)m ⇒ ⇒ ◇◆◇ 投票に参加しています ◇◆◇ 

 森美智代の青汁 【「Up all night!!」より 】● 森美智代の青汁  4月14日(日)の夜7時から放送される最新人体ミステリー シンドロームXで、森美智代さんが取り上げられる。『食べること、やめました』という著書がありますが、実際に食べることをやめたわけでは ...

 ここでは「ジューサー」について書いてあります。みなさんの中には「ミキサー」を考えいる方もおられると思いますが、もし、生野菜ジュースを作るのに『ジューサー』と『ミキサー』のどちらにしようか迷われている方は、「ジューサーとミキサー、どちらが良いか?」をご覧 ...

 抗がん剤、放射線は、治らないことが約束された治療 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 癌は総合力で克服できる ナチュラルプラスの中国医学漢方薬処方をサポートしてくださっている南京中医薬大学「馬永華」教授から、自然療法のがん治療につ ...

 岡本さんへ 岡本さん、いつもありがとうございます。 昨日は早朝に大急ぎで書きましたので、なかなか伝え切れていなかったように思います。 ですから、もう少し追加いたします。 前回の「岡本さんへ(7月1日)」で、私はこのように書きました。 最初に「無添加の回 ...

 岡本さんへ 岡本さん、こんにちは。。。 いつも、コメントをありがとうございます。 お元気そうですね♪ 癌患者さんは「元気(良い想念)」が大事ですから、私も安心しています (^-^ いつものように、まずは岡本さんのコメントの質問を抜粋させて頂きますね。「い ...

 「がんの特効薬は、なぜ世に出ない?(製薬企業と医療界の本音)」の記事の【感想】にて少し書きましたが、「加齢・人口増加は、癌の増加の正体か?」について、もう一度記事の文を編集し直して、ここでもう少しまとめてみます。 現代医学は「日本で癌が増えているのは、 ...

 日月神示の次の一節、  ● まことの善は悪に似ているぞ、まことの悪は善に似ているぞ、よく見分けなならんぞ、    悪の大将は光り輝いているのざぞ、悪人はおとなしく見えるものぞ。 (地つ巻 第十七帖) 善を「良い・楽しい・嬉しい・快適」と置き、 悪を「悪い・ ...

 風の谷のナウシカと千島学説 【「岡部明美のスピリチュアルな旅で出会った”もの・人・場・言葉たち”」より 】 もう随分前のことになるが、ある日、がん細胞って何なのかなぁと、ぼーっと考えていたことがある。すると、宮崎駿アニメの中で私が一番好きな「風の谷のナウ ...

 日月神示には、次のような「善悪の概念」を示すものがあります。  ● 悪いこと通して善くなる仕組、よく心得よ。 (黄金の巻 第七帖)  ● 悪も御役であるぞ、この道理よく腹に入れて下されよ。 (天つ巻 第四帖)  ● 悪も神の御働きと申すもの。悪にくむこと悪ぢゃ ...

 世間には、偽物の情報、偽物の療法のほうが多いです。 それは「正当そうな姿」を着飾って、善面(ぜんヅラ)して居座っています。 当ブログでは、日月神示の「食の啓示」部分だけをご紹介させて頂いていますが、この日月神示では「善悪の概念」についての内容が充実して ...

 これは通販サイト「コスモオープンワールド」の記事なのですが、とても良い記事なのでご紹介させて頂きます。 癌患者さんの食事療法においては基本中の基本であり、と~っても大事な内容です。 ガンの最大のエサは「ブドウ糖」である! 【「コスモオープンワールド」よ ...

 止められない流れ作業 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 がん治療の闇 先日、電話があった患者さんの話です。 46歳男性で、昨年8月に肝臓癌4cmを摘出。 その後は経過観察で、11月に肝臓に4箇所腫瘍を発見。 肝動注での治療を行う。 ...

 がんの特効薬は、なぜ世に出ない? 【「心に青雲」より 】 大学時代の友人が、昨年来、癌になって闘病中と聞き、私も心配して彼に余計ながら情報を送っている。 たとえば船瀬俊介氏の YouTube の動画などで、絶対に抗癌剤は使ってはいけないことを説いている。 それを ...

 「断食」はがんを弱体化させる、米マウス研究 【「AFPBB News」より 】 【2月9日 AFP】がんを患っているマウスに絶食させたところ、腫瘍が弱体化し、化学療法の効果も上がったとする研究結果が、8日の米医学誌「Science Translational Medicine」に掲載された。 人間 ...

【抗がん剤治療の実態】科学を身近に ☆ New Stream  【「自然の摂理から環境を考える」より 】 旬の話題から自然の摂理が学べる! 科学を身近に ☆ New Stream です。 今週の科学ニュースをご紹介します。 白血病で息子を亡くしたことをきっかけに、生薬によるがん治療 ...

【がん化学療法に予想外の現象、タンパク質分泌が増え治療耐性】科学を身近に ☆ New Stream  【「自然の摂理から環境を考える」より 】 旬の話題から自然の摂理が学べる! 科学を身近に ☆ New Stream です。 今週の科学ニュースをご紹介します。            ...

 医師が告白する癌治療の真実 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】● 日本の医療(がん治療)について 以前、紹介したブログ記事ですが、できるだけ多くの人に紹介したい内容ですので、もう一度貼り付けます。 私は何度もうなずきました。長文です ...

 【最終回】「がん」を考える(6) ~ 免疫力を上げる “食” ~  【「自然の摂理から環境を考える」より 】 前回の「がん」を考える(5) ~がん腫は、非常の排毒機能~ では、ガンとは毒素、細菌、ウイルスによって、人の自然の免疫機能が働かなくなるときの「血液の ...

 「がん」を考える(5) ~ がん腫は、非常の排毒機能 ~  【「自然の摂理から環境を考える」より 】 【「がん」を考える 】シリーズの第5弾です。 ここまで、ガンの原因、現在のガン医療の問題、そして、ガンの利権構造を扱ってきました。 多くの人が、ガンは「皮膚 ...

「がん」を考える(4)~ がん利権の構造(医者・製薬会社・外資系保険会社そして その背後にアメリカがいた!)~  【「自然の摂理から環境を考える」より 】 現在、がんの治療費は年々増え続け、しかし、その治療の中身は、一向に効果の上がらない「抗がん剤治療」や「 ...

 「がん」を考える(3) ~ 癌治療は市場拡大のためにあった!?~  【「自然の摂理から環境を考える」より 】◆◆◆ 豊かになると病気が増える? 「がん」をめぐる3回目です。今回は、その費用、医療費に焦点を当ててみます。 下のグラフは国民医療費(=国全体の治療 ...

「がん」を考える(2)~ 三大療法の罠:「抗がん剤」「手術」「放射線」は発がんリスクを高める ~ 【「自然の摂理から環境を考える」より 】 みなさん、こんにちは。 前回は、がんの統計データを扱い、全体の死亡者数、部位別の死亡率・罹患率などを調べました。 がん ...

「がん」を考える(1)~ がんの原因は「食の欧米化」「化学物質」「健康診断(放射線)」~ 【「自然の摂理から環境を考える」より 】 1980年以降ずっと、日本人の死因の1位である「がん」。今や3人に1人が、がんで死亡しています。 有効な特効薬なども特に発見 ...

 【※ 記事の後半に、私の父が「週末一日断食」によって得られた効用について書いてあります 】 まず最初に、次の資料をご覧ください。◆ 少食が免疫機能を高める 食事の中身とともに重要なのが「食べ過ぎを止める」ことです。 飢餓状態になったときはどうなるかと言うと ...

 森下敬一医学博士の唱える森下・千島学説では、癌を「血液の浄化装置」と捉えています。これは「ガン腫は “浄血装置” であり、毒素、細菌、ウィルスから人の自然の免疫・排毒機能が働かなくなるときの “非常の排毒機能” である」という内容で、「血液の汚れで、体が敗 ...

 癌は単なる肉体の病気ではありません。肉体的・精神的なあらゆる要素が折り重なってできる「帳尻合わせの浄化反応(正負の帳尻合わせ:カルマ清算)」でもあるのです。これは何も癌だけの話ではなく、日本は一億総半病人と言われる時期に入って久しくなりますが、人間の心 ...

【※ この記事は、こちらの記事の「少食」部分の抜粋です 】 それでは、岡本さんがくださったコメントの内容に入ります。「私も、今まで頭になかった食べる量を意識して、腹5分を目安にすることにしました。 毎日おなか空きっぱなしです。さすがに断食は無理のようです。 ...

 自己融解(自家融解)とは、断食によって栄養分が断たれると、体はどこからか栄養分になるものを探し始めます。体のあちこちで自己融解が起こるのですが、最もよく使われるのが脂肪です。断食中にみるみるやせてゆくのは自己融解がもたらした結果です。また、「腸の癒着が ...

 岡本さんへ 岡本さん、いつもご丁寧なお返事を本当にありがとうございます。 今回は、最初に「岡本さんのコメント」を引用させて頂きますね。「お返事ありがとうございます。 お返事全部読ませていただきました。 私も、病巣が見つかったときは恐ろしさをかんじました ...

 がん専門医の80%は「自分ががんになっても、抗がん剤は使わない」。 医療タブー! なぜ “寿命を縮める” 抗がん剤は使われるのか? 【「Business Journal」より 】 日本人の死因の3割を占めるといわれる「がん」。がんの三大治療は、「手術」「化学療法(抗がん剤 ...

 千島学説研究会 ガン・難病の方へ  【「千島学説研究会」より 】● 健康な人でも、ガンを持っている この情報は、今から29年前 癌研究会研究所の菅野晴夫所長(当時)が発表し、1982年9月29日の毎日新聞夕刊で報道されました。内容は、高齢者の約50%にガン ...

 千島学説17 細胞分裂説と細胞新生説  【「西式甲田療法による介護」より 】 (稲田芳弘さんのブログから「http://www.creative.co.jp/m/mmm/index.cgi」)  千島学説17● 細胞分裂説と細胞新生説 間違った理論に基づいた医療では、効果を期待することなどできま ...

 腎臓病(2) 現代医学がすべてでない  【「西式甲田療法による介護」より 】 (『腎臓病と甲田療法 - 現代医学で治らぬ人のために』甲田光雄:創元社:1500円(16頁~20頁)) ● 現代医学がすべてでない 腎臓病と一ロにいっても、そのなかには急性腎炎、慢 ...

 腎臓病(3) 民間療法にも金の卵がある   【「西式甲田療法による介護」より 】 (『腎臓病と甲田療法 - 現代医学で治らぬ人のために』甲田光雄:創元社:1500円(21頁~25頁)) ● 民間療法にも金の卵がある 私が断食療法や自然食療法など、現代医学の常 ...

 少食(22)野菜を食べすぎると胃潰瘍になる   【「西式甲田療法による介護」より 】   少食(『健康養生法のコツがわかる本』甲田光雄:三五館:一五〇〇円:243頁 ) ● 野菜を食べすぎると胃潰瘍になると言われました。本当でしょうか? これは本当なのです。 ...

 少食(21)同時に食塩も摂ること   【「西式甲田療法による介護」より 】   少食(『健康養生法のコツがわかる本』甲田光雄:三五館:一五〇〇円:243頁 ) ●「塩分不足」という問題について教えてください。 「日本人の大半はまだ塩分を摂りすぎている。もっと ...

 腎臓病(1) 出会い・序  【「西式甲田療法による介護」より 】 (『腎臓病と甲田療法 - 現代医学で治らぬ人のために』甲田光雄:創元社:1500円 ) 【甲田先生との出会い】 一〇年前に、私は、大阪大学医学部に内地留学し、丸山博先生の御指導をうけました。そ ...

 腎臓病(1) 出会い・序  【「西式甲田療法による介護」より 】 (『腎臓病と甲田療法 - 現代医学で治らぬ人のために』甲田光雄:創元社:1500円 ) 【甲田先生との出会い】 一〇年前に、私は、大阪大学医学部に内地留学し、丸山博先生の御指導をうけました。そ ...

 製薬会社の都合で作られる医学的発見 【「猫コラム」より 】 人体の不思議は解明されつつあると言われるが、本当にそうなのか? そもそも学者は、純粋に人体を調べその仕組みを解明しようとしているのか? 私達は学者が発表したものを真実だと受け止め、「心臓はこうい ...

 死のビジネス 【「猫コラム」より 】 昔の人は、死をそれほど忌避しなかった。 戦争で負ければ、俘虜の辱めを受けるより死を選ぶ高貴な精神を持ったサムライもたくさんいた。 寿命が尽きれば、誰もが死をごく自然なものとして受け入れた。 生まれるものがあれば、死ぬ ...

 岡本さんへ 岡本さん、お久しぶりです。いつもお返事をありがとうございます。 体調のほうも良いようですね。療養は必ず、その良さが表に現われてきます。 食養だけは裏切りがありません。実行した通りの結果が出るものです。 どうか自信を持って食養を継続されて頂き ...

 この記事は、菅原研究所の菅原明子さん(保健学博士)が、癌について近藤先生にインタビューされているものです。とても参考になる記事だと思いますので、ぜひご一読されてみてください。 ただ、近藤先生に関しましては、「抗がん剤治療の大間違い」についてはズバズバと ...

 癌治療における「断食療法」で有名なのは「粉ミルク断食」です。粉ミルクで必要最低限の栄養を摂取しながら緩やかに断食を行い、体内浄化を促進させて「癌体質を改善させていく」という療法です。 甲田光雄医学博士は「癌は一筋縄ではいかない。普通の玄米菜食で癌を克服 ...

 我が家には父の腎臓癌の闘癌経験がありまして、その「父の闘癌経験」の上から日本の癌医療を見つめますと、日本の癌医療界のムチャクチャな「的外れな癌医療」っぷりに、私は愕然とすることしかできませんでした。癌治療というものは、現代の標準的な癌医療のような「体内 ...

【癌利権問題 】医者は知っている抗癌剤の危険性! がん名医が末期がんになるが、がん治療はせず! がん治療は危険!?  【「真実を探すブログ」より 】  当ブログでは何度も抗癌剤の危険性について書いていますが、やはり専門家の方も自分が癌になった時は抗癌剤を使用し ...

 「近藤がん理論」はどこまで正しいか?がん治療第一線の東大外科医師グループの三氏と、手術・抗がん剤・検診・患者へのメッセージを徹底討論する「ガン専門医よ、真実を語れ」 文藝春秋 より東京大学外科医師グループ上野貴史 東京共済病院外科医師川端英孝 東京大学病 ...

 ガン患者の8割が、抗がん剤などの副作用死と判明 【「抗がん剤は使わねぇ!! そして肺癌完治!! トモセラピー NK療法 CDC6 肺がん完治ってワイルドだろうぅぅ」より 】 こんな記事を発見しましたよ。 このような記事を見る度に、私の選択は間違っていなかった・・・ と思い ...

 何に照準を合わせて癌と闘うのか 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 「癌を治す最良の方法は、癌を治さないこと・・・」、これは中国の医師「高健忠」先生の言葉ですが、もし日本でお医者さんが患者さんに対してこのような事を言うと、患者さんは怒 ...

 癌を治す最良の方法は、癌を治さないこと 【「がんの自然療法」より 】(山西中医学院第二中医院:高建忠) がん治療の最も良い方法は何か? これは、医師、患者、患者の家族が最も関心がある問題だ。  現在の医療レベルでは癌を完全に治癒するまでにいたっていないた ...

このページのトップヘ