癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

 癌と食養に関するものを作成しています。 食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法などの「自然療法」が中心です。
 当ブログサイトは、癌患者さんが『癌の真実』『癌の真相』を知り、学ぶための「共有の場」として作成しています。
 多くの癌患者さんのように 医者の「言いなりペット」に堕して 三大療法 だけ で行なっても、癌は絶対に治りません!
 自ら癌を学び、本当に癌を治す 自然療法 を複合的に組み合わせて実践し、癌の『生還率』をより高めていきましょう!
 上部のカテゴリは「主要カテゴリ」ですが、サイドバーのほうに、分野別に細かく「カテゴリ分類」をしています。
 私の『食養に対する考え方』を「食養への信念」に書いてありますので、ぜひ一度、ご覧になってみてください。
 我が家や 私の周りの “癌の記録” は「我が家の “癌の車窓” から見えたもの」に書いてありますので、ご参考ください。
 癌・食養に関する『図書』『食養グッズ』『自然食品』を、「分野別一覧」にて、分野別に細かくまとめています。
 投票にも参加しています。 ぜひ、お気軽にご参加ください m(__)m ⇒ ⇒ ◇◆◇ 投票に参加しています ◇◆◇ 

 当記事は「江部康二」医師の「ドクター江部の糖尿病徒然日記」ブログからのご紹介です。 2007年11月1日に「世界がん研究基金」と「アメリカがん研究協会」が 7000 以上の研究を根拠にして「食べもの、栄養、運動とがん予防」を発表した内容を「江部康二」医師 ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   ● ピンクリボン運動(乳癌検診の啓発運動)の 真実!   ● 乳癌検診(マンモグラフィー検診)の真実!(本記事)     【 マンモグラフィー検診で発見される乳癌の4分の1は 過剰診断:       乳癌検診で多く ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   ● ピンクリボン運動(乳癌検診の啓発運動)の 真実!(本記事)   ● 乳癌検診(マンモグラフィー検診)の真実!     【 マンモグラフィー検診で発見される乳癌の4分の1は 過剰診断:       乳癌検診で多く ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「547)がん検診の不都合な真実 その3:がん検診が がん患者をつくり出している」記事の次の項をご紹介させて頂きます。   ● 高齢者の前立腺がんの半 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「568)がん患者は「抗がん剤治療」を過大に評価している」記事の次の「4項」をご紹介させて頂きます。   ● 抗がん剤は、血液がんに効いても、固形が ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から、次の「製薬企業の実態」に関する「5つの記事」をご紹介させて頂きます。   ● 567)臨床試験の結果は信頼できるのか?   ● 564)抗がん剤の ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から、次の「抗がん剤」に関する「5つの記事」をご紹介させて頂きます。   ● 543)がん幹細胞 と アルデヒド脱水素酵素   ● 552)抗がん剤で がん ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「563)手術侵襲は「がん再発」を誘導する」をご紹介させて頂きます。 今では、癌の手術の関しては、次のことが常識化しています。   癌の大きな手術 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から、次の「癌検診」に関する「5つの記事」をご紹介させて頂きます。   ● 545)がん検診の不都合な真実 その1:がん検診は人命を救っていない   ● ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの「低放射線ホルミシス効果」に関する記事をご紹介させて頂きます。 当記事は「低放射線ホルミシス効果」を理解する上で非常に参考になる記事です m(__)m. 放射線は悪ではない。感情と同じ使い方です。  【「癌と膠原病から元気になった実体験 ...

 次の記事で、『村上内科医院』院長である「村上正志」医学博士が2017年6月に開催された「第17回 日本抗加齢医学会総会」にて『重曹療法』が「癌に効果的である」ということを学んできたと報告されていることをご紹介させて頂きました。   ● 癌治療に『重曹』の効 ...

 いつも「癌と食養」ブログサイトに来てくだされる癌患者の皆様、本当にありがとうございます m(__)m 私は先日まで、3年間ほど「しばらく、「癌と食養」ブログサイトをお休みさせて頂きます」記事をアップしておりました。 その事情は「断食療法と飲尿療法の組み合わせ( ...

 一応、ご報告したいと思ます。 今年2017年、私の母は「45日間」と「46日間」の2回に及ぶ『長期断食』を実行し、 10年以上苦しみ続けた重度の「不眠症」が改善して治りました。 当記事は、そのご報告とレポートの記事として作成しました。 私の母の重度の不 ...

 「抗がん剤の発癌性」についての参考資料として「日本がん看護学会」「日本臨床腫瘍学会」「日本臨床腫瘍薬学会」が編集に携わった次のものがあります。   ● がん薬物療法における曝露対策合同ガイドライン 2015年版     〈 日本がん看護学会/日本臨床腫瘍学 ...

 当記事は『ひろた歯科医院』院長の「廣田健」医師の「ひろた歯科通信」ブログからのご紹介です。 この記事は2015年の11月と今(2017年11月前)から約2年前の少し古い記事なのですが、参考になると思いますので、ぜひご覧になられてください。『ひろた歯科医 ...

 当記事は、鈴森さんの「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログからのご紹介です。 ご紹介させて頂く記事は『確証バイアス(Confirmation Bias)』の視点から通常療法という「オカルト癌治療」を考察され、医師の実態(本質・本性)について切り込んでいる記事です。 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの「抗がん剤」に関する記事をご紹介させて頂きます。 当記事は、癌患者さんが通常療法の「抗がん剤の実態」を理解する上で非常に参考になる記事です。 『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師も、次の記事にて「抗がん剤の問題点」を指 ...

 当記事は『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」からご紹介です。 「564)抗がん剤の新薬の半数以上は、延命効果が証明されていない」記事中の「日本はメリットの少ない抗がん剤の使用が多い」の項をご紹介させて頂きます。 こ ...

 当記事は『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」からご紹介です。 「564)抗がん剤の新薬の半数以上は、延命効果が証明されていない」記事中の「製薬企業が無駄で過剰な診療を促進している」の項をご紹介させて頂きます。 ここ ...

 当記事は『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」からご紹介です。 「564)抗がん剤の新薬の半数以上は、延命効果が証明されていない」記事中の「製薬企業が無駄で過剰な診療を促進している」の項をご紹介させて頂きます。 ここ ...

 当記事は、ネットの世界で「仲田洋美」医師が自信満々で訴えている、癌治療における『重曹療法』を反論・批判する記事をご紹介させて頂きます。実は、これは「癌専門医」として「情報に遅れている」非常に「恥ずかしい行為」です。なぜならば、これは、ご自身の「無知」と ...

 これは今日たまたま発見したのですが、京都市山科区の『村上内科医院』のサイトで『重曹』に関する情報を発見しました。 『村上内科医院』は「病院なび」でも「医療法人社団貴正会 村上内科医院」ページにて紹介されています。 この『村上内科医院』の院長は「村上正志 ...

 以前、水道水に混入されている「塩素」について、次の2つの記事で取り上げました。 「塩素」とは、言わずと知れた「ポイズン(毒)」であり、「塩素ガス」は人を殺す「毒ガス」です。   ● マインドコントロール 池田整治(著)【 日本の水道水は「ポイズン(毒:塩 ...

 生玄米粉は、通常の場合、高血糖を起こすようなことはありません。 「石臼」か「家庭用のミルサー」でつくる通常の生玄米粉である場合は、血糖値はほとんど上がりません。 ただ、糖質制限食の第一人者と言われる「江部康二」医師は、 次の記事で『糖尿病患者さんは「生 ...

 玄米の構造は、次のようになっています。 上記の「胚乳」の部分に「デンプン」が貯蔵されています。 「胚乳」はデンプンやタンパク質などで構成され、主な成分がデンプンになっています。 デンプンは、植物の種子中に「発芽のための栄養源」として貯蔵されるものです。 ...

● 玄米の構造、玄米のデンプンの種類、  そして、デンプンの変化( β デンプン ⇒ α デンプン ⇒ β デンプン )について! 玄米の構造は、次のようになっています。 上記の「胚乳」の部分に「デンプン」が貯蔵されています。 「胚乳」はデンプンやタンパク質など ...

 当記事は「食べる順番」ダイエットや「ベジファースト」及び『食物繊維 混食法』に関する内容です。 最初に「食べる順番」に関する資料からご覧ください。そのあとに「私の話」が続きます。 かなり長い記事になりますが、高血糖を予防する方法なので、ぜひご参考にされて ...

 当記事は「食べる順番」ダイエットや「ベジファースト」及び『食物繊維 混食法』に関する内容です。 最初に「食べる順番」に関する資料からご覧ください。そのあとに「私の話」が続きます。 かなり長い記事になりますが、高血糖を予防する方法なので、ぜひご参考にされて ...

 当記事は「食べる順番」ダイエットや「ベジファースト」及び『食物繊維 混食法』に関する内容です。 最初に「食べる順番」に関する資料からご覧ください。そのあとに「私の話」が続きます。 かなり長い記事になりますが、高血糖を予防する方法なので、ぜひご参考にされて ...

 当記事は「食べる順番」ダイエットや「ベジファースト」及び『食物繊維 混食法』に関する内容です。 最初に「食べる順番」に関する資料からご覧ください。そのあとに「私の話」が続きます。 かなり長い記事になりますが、高血糖を予防する方法なので、ぜひご参考にされて ...

 当記事は「In Deep」ブログからのご紹介です。 当記事で「In Deep」さんは、アメリカの「ロバート・メンデルソン」医師の名著『こうして医者は嘘をつく』をご紹介され、“現代医学は「オカルト」に陥っている‥” と言われています。 そして、その「オカルト」に陥ってい ...

 当記事は「植民地化する日本、帝国化する世界」の中の『第4章 過酷な世界を どのように生きるべきなのか』をご紹介させて頂きます。この本で語られている内容は、今、まさに、日本人全員が早急に気づくべき「世界の実態」「日本の実態」が語られています。 植民地化する ...

 当記事は「植民地化する日本、帝国化する世界」の中の『第4章 過酷な世界を どのように生きるべきなのか』をご紹介させて頂きます。この本で語られている内容は、今、まさに、日本人全員が早急に気づくべき「世界の実態」「日本の実態」が語られています。 植民地化する ...

 「In Deep」さんから、次の記事のご紹介をさせて頂きます。   ● ぼくたちの失敗・・・ の時代を多方面で自覚する今、     「私たちは嘘の中で生きている」と題された2600万回再生された、     まだ失敗していない若者の動画を内容を書き出してみる 当記事で ...

 今、改めて、霊学の基本である『カルマ(因果律)』について振り返っています。 そこで、当記事でご紹介させて頂く記事・内容を思い出しましたので、記事作成してみました。 人間が平然と「過ちを犯す」というのは、この『カルマ(因果律)』という「単純にして基本的な ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『「癌の炎症を抑える自然療法」シリーズ記事』シリーズは『癌と炎症』シリーズの続きです。   ● 癌の炎症を抑える自然療法 ① 糖質制限食(ケトン食)・ 断食療法     【 ケトン体の一つである「β-ヒドロキシ酪 ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『「癌の炎症を抑える自然療法」シリーズ記事』シリーズは『癌と炎症』シリーズの続きです。   ● 癌の炎症を抑える自然療法 ① 糖質制限食(ケトン食)・ 断食療法 (本記事)     【 ケトン体の一つである「β- ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『癌と炎症』シリーズは『癌と炎症の関係』についてご理解して頂くために作成したものです。   ● 癌と炎症 ①     【 癌は「炎症」と深く関係しており、『慢性炎症』は 癌化 の原因となる!       『慢性炎 ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『癌と炎症』シリーズは『癌と炎症の関係』についてご理解して頂くために作成したものです。   ● 癌と炎症 ①     【 癌は「炎症」と深く関係しており、『慢性炎症』は 癌化 の原因となる!       『慢性炎 ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『癌と炎症』シリーズは『癌と炎症の関係』についてご理解して頂くために作成したものです。   ● 癌と炎症 ①     【 癌は「炎症」と深く関係しており、『慢性炎症』は 癌化 の原因となる!       『慢性炎 ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『癌と炎症』シリーズは『癌と炎症の関係』についてご理解して頂くために作成したものです。   ● 癌と炎症 ①     【 癌は「炎症」と深く関係しており、『慢性炎症』は 癌化 の原因となる!       『慢性炎 ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『癌と炎症』シリーズは『癌と炎症の関係』についてご理解して頂くために作成したものです。   ● 癌と炎症 ①     【 癌は「炎症」と深く関係しており、『慢性炎症』は 癌化 の原因となる!       『慢性炎 ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『癌と炎症』シリーズは『癌と炎症の関係』についてご理解して頂くために作成したものです。   ● 癌と炎症 ① (本記事)     【 癌は「炎症」と深く関係しており、『慢性炎症』は 癌化 の原因となる!     ...

 2016年4月1日、アメリカの著名な「腫瘍学」の米国医師会雑誌である「記事&category%5B%5D=ワールドカップ&category%5B%5D=五輪" target="_blank">JAMA Oncology(ジャマ・オンコロジー)」に『夜間の絶食時間が「乳がん再発リスク」に影響する可能性がある(Prolonge ...

 当記事は「カテゴリ分類」の都合で、次の記事を再アップしたものです。   ● 癌と炎症 ⑥ 酸化ストレス・炎症体質     【 活性酸素は炎症をつくり、炎症を促進して悪化させる:       炎症から活性酸素が産生され、さらに炎症をつくり、炎症を悪化させていく ...

 当記事は「カテゴリ分類」の都合で、次の記事を再アップしたものです。   ● 癌と炎症 ⑥ 酸化ストレス・炎症体質     【 活性酸素は炎症をつくり、炎症を促進して悪化させる:       炎症から活性酸素が産生され、さらに炎症をつくり、炎症を悪化させていく ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『「癌の炎症を抑える自然療法」シリーズ記事』シリーズは『癌と炎症』シリーズの続きです。   ● 癌の炎症を抑える自然療法 ① 糖質制限食(ケトン食)・ 断食療法     【 ケトン体の一つである「β-ヒドロキシ酪 ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『「癌の炎症を抑える自然療法」シリーズ記事』シリーズは『癌と炎症』シリーズの続きです。   ● 癌の炎症を抑える自然療法 ① 糖質制限食(ケトン食)・ 断食療法     【 ケトン体の一つである「β-ヒドロキシ酪 ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『「癌の炎症を抑える自然療法」シリーズ記事』シリーズは『癌と炎症』シリーズの続きです。   ● 癌の炎症を抑える自然療法 ① 糖質制限食(ケトン食)・ 断食療法     【 ケトン体の一つである「β-ヒドロキシ酪 ...

 当記事は「カテゴリ分類」の都合で、次の記事を再アップしたものです。   ● 癌の炎症を抑える自然療法 ① 糖質制限食(ケトン食)・ 断食療法     【 ケトン体の一つである「β-ヒドロキシ酪酸(BHB)」には「抗炎症作用」があり、       癌の炎症を抑制する ...

このページのトップヘ